マンションでインターネットに契約するためには

マンションに住んでいる人がインターネットに契約すための手順や、選択肢について紹介していこうと思います。

マンションと言っても分譲マンションと賃貸マンションがありますが、その辺はあまり気にする必要はありません。

マンションに引きこまれているインターネット回線を確認する

まずマンションで固定回線に契約を考えている人は、自分が住んでいる賃貸マンションなどに引きこまれているインターネット回線と回線業者を確認しておきましょう。

インターネット回線と回線業者とは光回線のフレッツ光だとか、ケーブルテレビインターネット回線のJCOMとかそういうことです。

主に賃貸マンションや集合住宅で引きこまれているインターネット回線は

  • 光回線
  • ケーブルテレビインターネット回線
  • ADSL

現在マンションや集合住宅に引きこまれているインターネット回線は上記のようなものが多いです。

またADSLは数年後に終了することが確定していますし、通信の安定性や通信速度が遅いため選択肢として除外しておいた方が良さそうです。

中でも固定回線として最も利用者が多いのが光ファイバーケーブルを使った光回線です。

速度も早いですし、安定しており、現状最も最高なインターネット回線です。

そして回線業者の確認ですが、光回線と言っても様々な業者が光回線を提供しています。

フレッツ光・auひかり・UKOM光・NURO光など様々な業者があります。

何故ここまで確認しておく必要があるのかというと、マンションや集合住宅ではすでに引き込まれているインターネット回線と業者からでないと契約することができないからです。

例えば自分のマンションが光回線のauひかりのインターネット回線が引き込まれていた場合、フレッツ光には契約することができません。

引きこまれていないようなインターネット回線に契約するためには管理会社や大家の許可が必要になります。

マンションや集合住宅で他のインターネット回線を引き込むのはほとんど無理だと思ってください。

特に県営住宅や市営住宅などの場合は県や市に許可を取る必要があり、かなり厳しいでしょう。

自治会などに訴えかけて数年後に叶うかもしれないぐらいな感じです。

無線のインターネット回線も視野に入れておく

上記のようなことから光回線を希望しているのに光回線が引き込まれていないマンションや集合住宅に住んでいる人は無線のインターネット回線も視野にいれておきましょう。

無線のインターネット回線とはWIMAXやYモバイルのようなスマホサイズの端末を利用してインターネットに繋ぐ方法です。

無線インターネット回線なら建物の状況などは関係ないのでどんな家でも対応エリア内であればインターネットに繋ぐことができます。

メリットとしては開通工事がないことや、外でもインターネットができるのがポイントです。

参考サイトはこちら→賃貸マンションインターネット契約ガイド